上位表示させたい人のセオログ-SEO ブログ | ヤフー SEO | グーグル SEO | RSS
Googleアップデートが3月25日に次いで4月25日に反映された。この変更で検索順位が大きく上下し、日頃SEOに勤しんで居られる読者の皆様は悲喜こもごもであろうと思う。

筆者の管理サイトや顧客サイトにおいてもその一部に検索順位の変動がみられ、しばらくはSEO対策に忙殺された。こういった大規模な検索順位変動では他社からの乗り換え需要が突発するので、SEOで食べている身としては申し訳ないが少々喜ばしかったりする。

ところで賢明な読者諸氏は、この際に検索順位が変化したURL/キーワードはあくまで一部であって、全く変化しなかったURL/キーワードもたくさんあった点に気づかれた事だろう。

検索順位が大きく変化する理由

SEOブログ読者様へのヒント

▼筆者が今年になって開設したウェブサイト。アフィリエイト用に用意した1ページだけのランディングページを、全く新規に作成したドメインに載せてある至ってシンプルなホームページ。キーワードは皆さんがよく聞く(~比較)とか(~見積)とかいった中程度の競合があるキーワードを用いている。ここへのリンク元は、お世辞にも強力とはいえないようなURLだ。

結果はどうか。このウェブサイトは3月25日も4月25日も検索順位が大きくアップし、現在は検索1位をキープしている。こうなれば馬鹿高いリスティング広告に泣く々送金する必要は無くなるので、精神的にも良い。

▼開設後4年以上経過した筆者のウェブサイト。数ページだけのHPだが、3年以上のあいだ継続して検索順位5位以内をキープしていた。とはいえ手間を掛けたのは開設当初だけ。ここ2年程は全く更新せず、当然ながら外部からのリンクも自然増に任せるのみ。

結果はどうか。3月25日は変化なし。4月25日は50位前後まで検索順位がダウンした。

▼上記の新設サイトは一般に説明されるSEO理論からすると検索順位を上げ辛いと言われていたものだ。(新規ドメイン,極小ページ数,200文字未満のテキスト,しょぼいリンク元,50未満のリンク数,ロングテールとは言えないキーワード)

しかし理論と現実は違う事もある。実は今回は同条件で数サイト上位表示できた。この条件のサイトでも今回のGoogleアップデートを利に換え上位表示できる事は証明されたと言っていいと思う。100ページ以上とか、オーソリティからのリンクとか、毎日更新とかが「必要」といっているようなSEO情報は眉に唾をつけ斜めに読んだ方がいいぞ。

SEOブログ,タメになるよね(笑)

追伸:筆者は太っ腹。コメントもトラックバックも許可してる。但しスパムはい缶詰!

SEO目的にIP分散したサイトを構築する場合に多数のサーバー会社と契約するのは面倒だし、第一・契約するまではサーバーのIPアドレスさえ分からないのが普通。契約後にIPアドレスが近くてがっかりした経験もあるかもしれない。

そんな訳でIP分散レンタルサーバーを利用する方は多いようですが、一般的なIP分散サーバーには幾つかの欠点がありました。

IP分散サーバーの使えないところ

  1. 予め用意されたIP数しか注文できず半端な数だと費用が無駄!
  2. 1サーバー増やすのに10サーバーとか余分に買う必要が!
  3. クラスAとかBやCを選べないか出来ても別契約になる!
  4. 海外サーバーと国内サーバーを組み合わせて使えない!
  5. 管理パネルの動作が重すぎイライラ~
  6. サーバー数が多くなるため想像以上に高価!
今回、上記の問題を全て解決したソリューションが開発されました。

IP分散管理システム搭載! 若葉サーバー

ws-html_top-world.gif
ws-html_top-world1.gifws-html_top-world2.gif

SEOエキスパートにおなじみのツール、SEO MOz提供のOpen Site Explolerに新機能が加わったので、検索エンジン対策にいそしんでいる皆さんにご紹介しよう。

siteexploler.png

【Open Site Explolerの新機能】

  1. Facebook Shares
  2. Facebook Likes
  3. Tweets
  4. Google +1

以上、4つの機能が新たに加わった。英語名を見ただけで容易に内容を想像できそうだが簡単に説明しておく。

1.Facebook Shares

公開フェースブック・ページで、どれだけリンク(シェア)されているかを集計したもの。

2.Facebook Likes

どれだけのURLで「いいね!」されているか、集計したもの。

3.Tweets

どれだけのURLから「リツイート」されているか、集計したもの。

4.Google +1

どれだけのURLから「Google+1」されているか、集計したもの。(現在・この機能はベータ版です)


Compare Link Metrics

一言でいうと「競合サイト比較」機能。ウェブサイト外部から見た特徴を、様々な視点からデータ収集して一覧表示してくれる。全部で5サイトまでの競合相手を同時に比較検討できる点が売り。以前からあった競合サイト分析をグレードアップした感じです。

Advanced Reports

詳細なレポートをCSV形式ファイルにしてメールで送ってくれるサービス。

合計10万リンクまで集計可能。一般的なリンク数を持つウェブサイトなら、ほぼ全てのリンクを収集・分析することが出来るだろう。

この機能では集計内容の詳細を指定することが出来る。例えばオーソリティからの被リンクとか、IPアドレスの分散度なども計測可能だ。

このツールを使うとライバルサイトの被リンクを包むベールを剥ぎ取ることが出来るかもしれない。今のSEOは被リンク数やヤフカテ登録なんか重要な要素じゃないってことが、分かってもらえるかな?

では、諸君の健闘を祈る!

フェースブックが検査エンジン対策に影響を与えているかという点については、色々な意見があるがno_followであってもGoogleはバックリンク情報として拾っている。では新たに登場するGoogleプラスはどうだろうか?
この問題。すでに+1ボタンの効果を検証している方ならば容易に想像できると思う。そう、SEOは被リンク作成オンリーの時代から脱却しつつある。そう言う意味ではリンクトインなどもフォローすべきか。
「MixiやってるからSNS分かってる」積もりが、実はMixiによるガラパゴス化の洗礼を受けただけ。



それ単独で動作するフェースブックと異なり、YouTubeなど多くのサービスを取り込み可能なインフラ持ちのGoogleは、同じSNSカテゴリの製品でも、かなり異なる意匠を組み込める筈だ。

フェースブックよりもGoogleの方がローカライズは早いと私は予想している。この勝負、どちらに転ぶか見物だ。

最近のコメント

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。